マドンナ・ワークスは、日本中にあるスキルを埋もれさせません!


〜プロフィール〜

 

代表取締役社長 石本 史子

公益財団法人 日本女性学習財団公認 キャリア支援デザイナー(第9期)

1979年生まれ、新潟県出身、在住。

慶応義塾大学文学部卒業後、都内イタリア食材営業や国の機関の事務職、日本およびイタリアでの接客業、語学講師、ラジオパーソナリティ、施設運営など幅広い職種を経験しながらスキルアップ。

その中で、ママになっても様々なスキルを持った人たちと多数出会う。

 

出産を経て、「女性がもっとのびのびと働けるカタチを作りたい」と起業。

また、自身も持病で仕事継続が難しかった経験があることから、やる気があっても外で働くことが難しい人たちにも、働きやすい環境を作りたいと考えている。

 

現在、オンライン秘書業務や団体事務局業務、テレマーケティングなど、企業の様々なリソース不足にお応えするべく、全国のテレワーカーさんと協同で活動中。



【ご挨拶】

「テレワーク」という言葉が、2020年急速に進みました。

とはいえ、大手企業に属していないとなかなか「テレワーク」できないことが多いですし、

企業に属すると、家で仕事が出来ても、時間的拘束があり、どうしても家事や育児などとの両立は難しくなってきます。

私は一人の母として、働く姿を見せつつ、

それと同じように子どもに寄り添いたい気持ちを持っています。

テレワーカーだとそれが必ずできる、というわけではありませんし、

企業に守られていない分、厳しい面も多々あります。

ですが、やる気さえあれば在宅でテレワークの仕事をすることができる、ということを体現し続けたいと思います。

 

母になると、身一つだった時のようには思うように動けないことが色々あります。

しかし、働くことをあきらめたくありません。そして、自分の娘たちにもあきらめてほしくないのです。

なぜなら「働くこと」は、「自立して生きること」だと考えているからです。

自分の人生の舵取りをすることだからです。

だからどんな状況でも、「働き続ける自由」をあきらめずに済む世の中になっていってほしいと願っています。

 

もし、今のあなたが「働きたい」「自分で稼ぎたい」と思う気持ちが少しでもあれば、ぜひテレワーカーの道も覗いてみてください。「私にはそんなスキルない」「できない」と思うかもしれませんが、やってみなくてはわかりません。

 

一度の人生、ぜひ一歩踏み出してみてください。